スタッフブログ

2019.07.13 京都ハウス釣部 活動報告 楳本貴弘

京都ハウス釣部(バス釣専門)、仮部員の楳本です。 最近では本格的にバス釣りにはまってきております。 休みごとに琵琶湖へ通い頑張っております。 そして初めての釣果報告です!

IMG_2800.jpg

見事なブルーギル。大きさは15㎝はあると思います。
ブラックバスの餌ともなる魚です。
部長(弊社営業:伴)クラスになるとこのブルーギルの※泳がせ釣りで、
このようなブラックバスを釣ってしまいます。
※生きたブルーギル(餌)に針を掛け放し、ブラックバスを釣る方法

IMG_2822.jpg

40㎝超えを「ヨンマル」と言うみたいで、なかなかのサイズみたいです。流石の一言です。
ブルーギルに関しては既に15匹ほど釣ったことが有る私ですが、
3ヶ月もしているのに1度も「ブラックバス」を釣ったことが有りません。
正式入部はまだまだ先になりそうです。

話変わり、京都ハウス桂川店の近くの川と言えば...そう。桂川ですね。
バス釣ではないですが、梅雨頃~シーズンを迎える、ナマズを釣ってみました。

IMG_2818.jpg

夜行性でヌルヌルしていて髭が生えていて何よりデカいです。
尻尾のにゅろにょろまで合わせると60㎝位?はありそうです。

肝心のブラックバスが釣れない日々。
心が折れたら正式に退部しようかと思います。

2019.07.11 二郎系ラーメン 加畑 周作

娘が「二郎系ラーメン」が食べたい!」と言ってきたので
ネットで調べたら「池田屋」が出てきたので行ってみました。
一乗寺のラーメン街道の中腹くらいにお店が有りました。セブンイレブンの向かいです。
すっごい男らしい雰囲気のお店でした。
IMG-7585_R.JPG お店の看板です
IMG-7586.JPG ラーメン(中)です

肉肉肉~!って感じです。※にんにく注意。
久しぶりに限界を感じました。


2019.07.06 京都ハウス釣り部 伴 尚幸

こんにちは。京都ハウス釣り部 部長の伴です。

今回はブラックバスについてお話しさせて頂きたいと思います。
ブラックバスとは外来魚と呼ばれ、昔から日本にいる魚ではなく、1925年に食用や釣りの対象魚として輸入されてきました。
しかし、現在ではブラックバスは、在来種を食べてしまい生態系に影響を与える為、駆除の対象となっています。
琵琶湖のある滋賀県では、ブラックバスは「持ち帰りおいしく食べましょう」とPRしています。

正直、ブラックバスは釣りあげた時には、特有の臭いがあり、魚をさわった手はなかなか臭いが落ちないほどです。
滋賀県が言うようにブラックバスは本当においしいのかという検証をしたいと常々思っておりました。

ブラックバス.jpg

というわけで琵琶湖で釣ってきました。
45㎝くらいありますので、臭みはありそうですが、持ち帰る事にしました。
活き締めして血抜きした方がおいしく頂けるとの事でしたので、釣り場で締めて血抜きしました。
まわりの釣り人は不思議そうに私のことを見ていました。笑
あまりに見られる為、颯爽と持ち帰りました。

まな板.jpg

持ち帰り、室内での調理は臭いが移るとまずいので、外での調理となります。
まな板の上に乗っても食材に見えないのは、さすがブラックバスです。
3枚におろし、腹についていた脂身のようなものは大胆に取り除きました。

切り身.jpg

こうなると完全に食材に見えます。笑
唐揚げにしようと思います。

唐揚げ.jpg

臭みを警戒しすぎて、少し焦げました。笑
おそるおそる頂きましたが、臭みは全くありませんでした。
味の方は、淡泊な味わいで、大変おいしかったです。
例えるなら、スズキなような食感でした。
居酒屋で出てきても、おいしく頂けるレベルです。
また、ブラックバスは食べたいと思いました。

2019.06.30 切っちゃいました! 坂根 重信

お世話になっております。京都ハウス東寺店坂根です!
今回はゴルフです!
少し前になるのですが、ついに念願の100を切りました!
コンスタントに切れるように頑張っていこうと思います!以上

score.jpg

2019.06.28 梅雨の季節です 河野 優太

こんにちは。桂川店の河野です。

先日、関西も梅雨入りし本格的な雨の季節になりました。
6月も終わりに差し掛かっての梅雨入りというのは、
統計を取り始めた1951年以降、最も遅いそうです。
雨が続き、じめじめした暑さで敬遠されがちなこの季節ですが、
この時期ならではの風物詩もありますよね。

ということで、先日「アジサイの寺」として知られる楊谷寺へ行ってきました。
line_33170215590834.jpg


line_33041597994893.jpg
「紫陽花」という名前ではありますが、紫色に限らず様々な色合いの花を咲かせるアジサイはとても映えますね。

ですが、その色合いの多さからアジサイの花言葉は「移り気」「浮気」とされています。
ジューンブライドと言われ結婚の季節でもある6月を代表する花としては
いささか不吉な気もしないでもないですが、
アジサイは小さな花が集まって咲いている花であることから、
「家族団らん・家族の結びつき」という
結婚式向けの花言葉もありますのでご安心ください。

ちなみにそういった色の違いは品種の違いなどから生まれるのではなく、
根付いている土壌の酸度によって決まるそうです。
酸性の土であれば青色、中性~アルカリ性はピンク色になるといわれていますので、
アジサイの花の色を見れば土壌のPHが分かるということですね。
今後「どうしても土壌の酸度を知りたい」という際にはこの豆知識をご活用ください。


スタッフのブログを読む