2018.11.09 田岡拓

「月の土地」の購入を本気で考えています。

月の土地が販売されていることは結構有名です。
僕も何となく、「月って買えるらしい。しかも安いらしい」みたいな
ぼんやりとした情報だけ持っていました。

しかし冷静に考えみると、そもそも誰から買うのか?というか、
現状誰に所有権があるのか?とか、
どの国の法律によって購入するのか?とか、
税金はかかるのか?とか、
色々疑問点が出てきます。
なので調べてみました。(Googleで)


●月の土地を販売しているのは「ルナエンバシー社」

アメリカの会社です。日本で購入する場合、「ルナエンバシージャパン」という
日本代理店があります。
1エーカー(約1200坪)を2700円で購入できます。
安いかどうかは個人の価値観によるでしょう。
牛丼10杯食べた方が有益だという考え方もあります。


●所有権も「ルナエンバシー社」にある(かもしれない)

宇宙に関する法律が、当時は1967年に発効した宇宙条約しかなく、
その中で「国が所有することは禁止」されているが、
個人が所有することには言及されていないそうです。
ルナエンバシー者CEOは正式に所有権の申し立てを行い、
それを受理されたそうなので、その理屈だけで言うと、この所有権は有効ということになります。
が、そもそもどの国にも帰属しない月の土地に法律上の所有権を及ぼすのは無理な気がします。


●税金はかからない

前述の通り、月はどの国にも帰属しないので、固定資産税等の税金が課されることも
もちろんありません。


実際のところ、現在月の土地を買ったとしても、遠い将来月の開発が行われ、
人類が月に行くようになったとき、権利を主張できるようなものでは無いと思われます。
ただ、名前入りの結構格好いい権利書が貰えるので、夢のある商品として、
ジョークグッズのようなつもりで、プレゼント等に使うのはありではないでしょうか。

僕は普通に自分に買おうと思っています。

2018.04.22 弘法市 田岡拓

京都ハウス東寺店のある九条通りは、毎月21日に必ず渋滞します。
東寺さんで行われる弘法市のおかげです。


骨董市は全国各所にありますが、弘法市はその中でも殊更古いものです。
弘法市の起源とされる弘法大師の法要は、910年の3月21日にはじまりました。
年に一度の法要だったものが、1200年代には月に一度になり、やがて茶屋が店を開くようになりました。
長い長い年月を経て次第に出店は増え、賑わいも増し、今では1000店以上の露店が毎月21日の東寺に並んでいます。

様々な時代物や反物が出品され、もちろんそれがメインですが、
Googleで「弘法市」と検索しようとすると候補に「弘法市 どら焼き」と出てきます。
そのどら焼きがこれです。↓

dorayaki1.jpg

dorayaki2.jpg

dorayaki3.jpg

dorayaki4.jpg

笹屋伊織のどら焼きです。
弘法市の日とその前後の日、つまり毎月20日、21日、22日しか販売されていない限定品で、
江戸時代の末期から変わらず作られている歴史あるお菓子です。

どら焼きと聞いてイメージするどら焼きとは全く見た目が異なりますが、
あのドラえもんが好きなどら焼きは形が銅鑼に似ていることからどら焼きと呼ばれるのに対して、
笹屋伊織のどら焼きは熱した銅鑼の上で皮を焼いたことから名付けられたものです。
つまり全く別物です。

弘法市で買う場合、東寺の東門を出たあたりで店を出されています。
機会は限られていますが、歴史の味を体感してみてはいかがでしょう。

ちなみに非常に甘かったです。

2017.10.10 南区と羅城門 田岡拓

「京都市の中でも南区には歴史的なものが少ない」

と考えている方は多いようです。

京都らしさが無く、味気ないという声も聞きますが、

実は案外そうでもありません。


京都駅に程近いところには伏見稲荷の御旅所、そこより南西、九条通沿いには

世界遺産にも登録されている東寺、東寺の西隣には源経基を祭る六孫王神社、

唐橋小学校の北側に西寺公園、更に西に向かうと最初の天満宮である吉祥院天満宮があります。

そうした古いもののちょうど中心辺り、九条通沿いにある小さな公園の中には、

「羅城門遺址」と彫られた石碑がたっています。


rajomon.JPG


羅城門とは平安京の南端にあった幅33mにもわたる正門で、

北端の朱雀門と相対する荘厳な門であったと伝えられています。

平安京が栄えた時代、そこが都の始まりの場所でした。


当時、門の正面にあった堀には唐風の橋が架けられていて、

周辺地域の「唐橋」という地名は、そこに由来すると言われています。


京都は古い町で、地名にもそれぞれ由来があり、歴史があります。

普段意識していなかったところでも、少し気を付けて見てみれば、

古いものがそこかしこに残っているものです。

家を探すとき、そういった視点を加えてみるのも、

町への愛着を深めるという意味で有意義かもしれません。


2017.02.10 モデルハウス 田岡拓

こんにちは。東寺店です。


ご好評をいただいているダブルロフトの家ですが、


一方で、「間取り図を見てもどんな家になるのか全く想像できない」


というお声もよくいただきます。


ダブルロフトの家をイメージしていただくには、平面ではなく立体的な想像力が必要です。


「立体的な想像力」は誰にでも備わっているものではなく、


無いならば経験を重ねて身に付けていくしかありません。


ですがもちろんそんなことをしていただかなくても、圧倒的な近道があります。


それは実際にその場に立ち、体験していただくことです。


wloft.jpg


wloft2.jpg


wloft3.jpg


京都ハウスでは、いつでもご覧いただけるダブルロフトの家のモデルハウスをご用意しています。


少しでも興味のある方は、まずはご見学してみませんか?


見学予約は東寺店(0120-007-001)までお電話ください。


2015.06.01 タイカレーラーメン 田岡拓

阪急の大宮駅を出てすぐのところに

いつ見ても嘘みたいに行列ができている『坦々』という担々麺屋さんがあって、

その隣にいつ見ても嘘みたいに空いている『シャム』というお店があるのですが、

そこのタイカレーラーメンが嘘みたいに美味しいです。


thai1.JPG


thai2.JPG


『坦々』には入ったことがないので詳しいことは分かりませんが、

この客入りの差の三割は「タイカレーラーメン」っていう語感のせいだと思います。

初見では「おっ、タイカレーラーメンか、食いたいな」

とはならないのが圧倒的に不利です。

味も想像しにくい。

そもそも「タイカレー」っていうだけでも特殊感があるのに、

「カレーラーメン」ですからね。

それならタイカレー単品でいいし、むしろ普通のカレーでいいし、

もしくはカレーうどんでいいし、というか普通のラーメンでいいですからね。

担々麺でもいいし。


ですがそういう感情は全て一旦無視して、食べてみると分かります。

嘘みたいに美味しいです。

スタッフのブログを読む